スタッフブログ

土蔵を改修し、車庫に生まれ変わりました!

 | 改修

こんにちは、社長の大八木です。

松本市の「かわかみ建築設計室」の指導を戴き、

市内にある民家の土蔵の保存修理工事を致しました。

高橋邸土蔵改修1

高橋邸土蔵改修

現状での使い勝手を良くするために、1階を車庫に変更したものです。

お客様からは、

「壊さなくて良かった、亡くなったお爺ちゃんもきっと喜んでくれる」

とおっしゃって頂きました。

*****

当社は、NPO法人「信州伝統的建造物保存技術研究会」に所属し、

郷土に残る伝統的建造物・歴史的景観を後世に伝えていくために、

大勢の仲間と研究を続けています。

この活動は、私たちの知識・技術の向上にも大いに役立っており、

今後も勉強を続けていきたいと考えています。

***

現在、「国宝」仁科神明宮において、

今年の11月に行われる式年遷宮に向けて、拝殿等の保存修理工事を行っています。

完成は10月中旬の予定で、弊社の成沢係長が担当しています。

仁科神明宮の記事はこちら→クリック!

''優しく・力持ち''と社内で皆に支持される成沢がご案内いたしますので、

現地にお立ち寄りの際は、お声をかけて頂ければと思います。

*****

社長(大八木)

国宝や重要文化財の工事も行っております

 | 住宅以外 | 改修 | 日々の出来事

こんにちは。

本日は、「おおやぎさんち」から少し離れたお話しをさせて頂きます。

おおやぎさんちの親会社の大八木建設では、

現在『国宝 仁科神明宮』の式年造営の工事を行っております。

その様子がTVで放送されました。

6.jpg

▼例えば、こんな工事が行われております。

4.jpg

▼この工事を担当する弊社ベテランスタッフもインタビューに答えております^^

5.jpg

▼やはり、国宝。プレッシャーは半端ないようですね。

一旦、工事は一区切り終えたようで、ホッとしたコメントも。

2.jpg

まだまだ工事は始まったばかり。

このような工事のご縁を頂いていることに、社員一同大変感謝しております。

3.jpg

弊社では大町市美麻にある、

重要文化財『旧中村家住宅』の修繕工事なども担当致しました。

(大町市HPにて、どんな建物かご覧いただけます→クリック!

弊社には、このような建物の工事を行うベテランスタッフがそろっております。

住宅においても、そのノウハウを生かしてまいります。

今後とも、「大八木建設」ならびに「おおやぎさんち」を宜しくお願い致します。

社員一同

住宅の増改修の打合せ内容の一部をご紹介します

 | 改修

こんにちは。

住宅の2階の増改修を計画しています。

ご要望はといいますと、

ご夫婦とその御子息夫婦+お子さんが同居で暮らされるお宅で、

2階を若い夫婦が使用する部屋に増改修したいという内容です。

ちなみに、木造で、和風の内装のお宅になります。

***

打合せは、主に平面図を元に進めていきますが、

イメージをより伝えたい場合は、パースを持参します。

■1回目の打合せ時

P1020020.jpg

■2回目の打合せ時

P1020019.jpg

最初のご提案と2回目で、

改修プランが大きく変わりました。

2回目で方向性が見えてきましたので、

次回の打合せ時に変更したプランと合わせて、お見積書を持参します。

今回は、このような流れで進めさせて頂いております。

***

リフォームや増築、減築等、承ります。

ご興味ございましたら、是非お問い合わせください。

スタッフ一同、お待ちしております。

坪井

T様邸*改修のBefore&After紹介

 | 改修

こんにちは。

T様邸の改修をご紹介いたします。

木造2階建てのお宅で、

後々増築したと見られる範囲を改修しております。

元々は物置や浴室だった部屋を、

野菜室や大型冷蔵庫置き場、トイレに改修いたしました。

まずは西側面の写真から。

■西側Before(改修前)

18121007.jpg

■西側After(改修後)

18121002.jpg

***

続いて、東側の写真。

■東側Before(改修前)

18121003.jpg

■東側After(改修後)

18121004.jpg

T様邸には土蔵があり、

土蔵の雰囲気に合わせた外装で提案させて頂きました。

屋根は「瓦葺き」から「ガルバリウム鋼板」で葺き直しています。

土蔵と雰囲気を合わせたことで統一感も出て、

見た目が改修前と比べてスッキリしました。

***

ちなみに参考にした土蔵はこちら。

18121005.jpg

こちらの土蔵は、今後の工事で車庫に変身いたします!

土蔵につきましては「かわかみ建築設計室」様に設計協力をお願いしております。

18121006.jpg

今現在、このような姿になっております。

今後の変身が楽しみですね^^

坪井

1

ページのトップへ